設立からの歩み(学術書籍の印刷を専業として70年)

昭和14年10月 創業者木村誠一により荒川区尾久町において印刷業を創業。
昭和19年6月 戦時統制で休業、その後東京大空襲で工場は全焼。
昭和31年10月 木村正義が中国から復員し、理工学雑誌を中心とした印刷・製本および出版社、創文社を開業する。
昭和32年11月 社名を創文印刷工業に改称。活版印刷部門・活字鋳造部門・文選部門・植字部門を整備して一環生産の学術専門印刷会社とする。
昭和32年12月 荒川区尾久町3丁目2154番地(現・東尾久4-38-5)に本社工場が完成。
昭和33年11月 法人組織に改組して、創文印刷工業株式会社を設立。木村正義が代表取締役社長に就任する(資本金100万円)。
昭和37年7月 足立区本木4丁目5004番地(現・扇1丁目)に工場土地を取得。第二工場「足立工場」を建設。
昭和41年2月 荒川区西尾久7丁目12番地16に本社工場用土地及び建物を取得。本社工場完成により、本店地を現所在地に移転する。
昭和41年11月 本社工場完成につき、足立工場を併合する。
昭和49年4月 全自動活字組版機システム稼働(漢字キーボードから入力して自動鋳造機で活字を自動鋳造出力)活版組版の自動化に成功する。
昭和59年7月 本社を改築して新社屋鉄筋3階建て一部4階を完成させ電算機の導入環境を整える。
昭和60年6月 電算写植システム導入して活版印刷からオフセット印刷への移行を開始。
昭和61年4月 木村篤義,社長に就任。
昭和61年7月 オフセット印刷機(ローランドパルバ)導入。生産の主力を文選・植字による活版印刷から電算写植機によるオフセット印刷へ移行した。
昭和62年5月 パソコン:(NEC、PC98シリーズ)5台導入、東芝ワープロ5台を導入。文字データの入力変換やデータ処理を開始。
昭和63年6月 フジフィルムが開発した画像解析ソフト付き写真スキャナーをトップを切って導入し写真のクオリティーを格段に上げる。オリジナルをしのぐとの評判となる。
平成元年8月 製本部の新設(バインダー、自動紙折機、自動丁合機、コンピューター付断栽機)導入。
平成2年6月 小森コーポレーション・スプリント多色機導入。
平成4年7月 小森コーポレーション製・リスロン導入。
平成5年6月 モトヤ電算写植システムを総入替え(CTP出力のために、編集システムをフルデジタルでのバッチ処理が可能な電算システムに総入れ替)。
平成7年5月 DTPマッキントッシュシステム導入してカラーCTPをいち早く導入(カラースキャナー、イメージセッター、レーザープリンター、カラープリンター、パワーマック)。
平成7年12月 インターネットを部門を新設して自社ホームページをテスト的に自社スタッフで作成し運用を開始した。
平成8年1月 社内LANを開設し。制作部,営業部,経理部が社内ネットワークで結ばれる。
平成9年8月 CTPシステム導入してDTPラインのCTP(カラービジュアル系の自由度の高い)と電算専用機によるバッチ処理のCTPライン (理工学術書や大量頁で同一フォーマット系)と2ラインのCTP環境が整い印刷物に応じてコスト・スピードでそれぞれ特長を発揮した。
平成11年8月 アグファ・ゲバルト社イメージセッターター(CTP)B1・増設する。
平成12年8月 マルチメディア事業としてアナログデータのPDF化と検索エンジンのシステム開発スタート。
平成12年11月 マルチメディア事業としてCD-ROM辞典と検索ソフト開発(森林科学用語辞典CD-ROM版を発行)。
平成13年3月 マルチメディア事業部を社内に設置してインターネットの総合コンテンツの支援を開始(ホームページの作成やメンテナンス、PDFデータ化やホームページのセキュリティーサービスを開始)。
平成14年3月 社内のインターネットに光ファイバーを接続してブロードバンド環境を整備(大容量のデータ送受信を可能に)。
平成15年4月 自社内にWEBサーバーを開設して電子ジャーナルのWEB上での検索サービスやホームページの解析・診断・SEOサービスを開始。また同時にサーバーのレンタルサービスやホスティングサーバーサービスを開始し。お客様の要望する各種WEBサービスのプログラム作成を開始。
平成16年8月 5S運動スタート
平成17年9月 DTP編集部の専用ソフト以外にアドビやマイクロソフト、アップル等の一般事務用ソフトとの連携および互換を構築して編集出力から印刷まで幅広く対応。
平成18年9月 CTP出力セッター入れ替え(ダイナミック社FREDIA)
平成18年11月 本社工場北側増築
平成19年7月 自動高速無線とじライン一式を増設(CABS5000ホリゾン社)
平成19年8月 JPPS全日本印刷個人情報保護体制認定へ申請して認定される。
平成20年6月 PODオンデマンド・デジタル印刷機モノクロ、カラー各1台購入(モノクロ・デジタル印刷機RISAPRESS105モリサワ/カラー・デジタル印刷機RISAPRESS650モリサワ)
平成21年12月 フォークリフトをガソリン車からバッテリー車(ニチユMHI東京社)製へ切替。環境改善の一環。
平成23年8月 全日本印刷工業組合連合会の主催する環境推進工場の認定資格を取得。
平成24年10月 (社)日本印刷産業連合会の認定するグリーンプリンティング認定工場として認定され、グリーン購入法を満たした印刷物にGPマークの使用が許可された。
平成25年9月 全日本印刷工業組合連合会の認定するCSR認定企業として認定される。
平成26年9月 (社)日本印刷産業連合会から環境優良工場表彰式で会長賞を受賞。
平成26年11月 大日本スクリーンCTPシステム・ワークフローRIP一式を交換する。新システムは、完全無処理サーマルCTPプレート(富士フイルム製)。環境面から現像廃液の排出が課題であったがこれで完全に廃液ゼロを実現させる。
平成28年9月 社内MISの原価計算システムの集計プログラムの開発を外部委託で完成運用する。
平成29年2月 MIS機能の一部印刷管太郎(誠伸商事製)の入れ替え。
平成30年2月 マーケティングオートメーションシステムを営業部での導入。

 

会社情報