SOUBUN.COMの学会支援サービス

【査読管理システム】運用サポートサービス

  • 世界標準のオンライン査読システム
  • 利用者の課題を解決する豊富な機能
  • ジャーナルごとのフローに合わせた柔軟なカスタマイズ
  • 国内ジャーナル誌200誌以上で採用
  • テレワークでも管理が可能

コロナ禍での学会誌やジャーナル編集の強い見方として、オンライン査読システムが注目を集めています。今回は世界基準のオンライン査読システムEditorial Manager®についてご紹介します。

世界で7,500誌、国内210誌以上のジャーナルで活用!
・ユーザー目線で開発されているため、初めての方もガイドにそって簡単に操作可能です。
・自動保存機能でどんなタイミングでも執筆作業を進められるので作業効率も◎!
・「査読者の専門分野」や「投稿の分野との合致」などの条件で査読者を簡単検索することも可能です。
査読管理システムに関する事は
SOUBUN.COMにお任せください。
お取引学会数1000学会以上・長年の実績で、
多種多様な学会様のご要望におこたえいたします。
サービス概要

Editorial Manager®のサポート業務

SOUBUN.COMでは、学会誌の発行サポートを数多く手掛けています。

その中で、ジャーナル発行において学会編集委員の皆様の負担となっているのが論文の受付、査読依頼などの業務です。
アナログで行った場合、フローが煩雑で、編集スタッフや事務局員の皆さんの負担が大きくどの学会様も頭を悩ませています。
その負担を軽減するために生まれたのが、Editorial Manager®です。
ジャーナル投稿・審査システムEditorial Manager®は 世界8,500誌以上、国内でも210誌以上の学会で利用されています。
利用数の多くから、研究者にとって使い易いシステムであるということが言えるでしょう。
SOUBUN.COMでは、導入はもちろんのこと、Editorial Manager®を利用した、査読事務代行運用サポートも行っています。

ジャーナル編集の課題を解決する豊富な機能

ジャーナル編集において学会の皆様から多くでる課題は下記の通りです。
・ジャーナル編集の事務局の手間を減らしたい
・なかなか投稿数が増えずどうしたらいいかわからない
・論文の審査期間を短縮し効率化を図りたい
・選定をラクにし査読者の負担を軽減したい
また、昨今のコロナウィルスの影響で、大学、研究者もステイホームを強いられる中、コロナ禍でも学会誌の発行を止めずオンラインで完結できるEditorial Manager®は学会事務局の強い味方です。
ジャーナル編集業務特有の課題やお悩みを解決するために必要な「投稿・審査」に特化したシステムならではの豊富な機能を揃えています。
・審査フローの設定がジャーナルごとに可能
・投稿票、審査表、査読シートなどをジャーナルごとに設定した画面の構築
・投稿データ、ファイル、査読結果、操作履歴やコメントなどの情報を多彩なレポートに

ジャーナルごとのフローに合わせた柔軟なカスタマイズ

米国Aries Systems社の提供するジャーナル投稿・審査システムEditorial Manager®の魅力の一つにジャーナルごとに投稿・審査フローや、それぞれに必要な設定などを、「ジャーナル専用」にカスタマイズすることがあげられます。
カスタマイズ内容の変更は無料のため、導入後のフローや体制の変更にも柔軟に対応することができます。

エディトリアルマネージャーの価格・費用

Editorial Manager®の価格についてご案内します。
初期導入費用が初年度日英版で60万
年間で発生する、Editorial Manager®バージョンアップなどの対応費用が月々1万円
1論文ごとに4,000円が発生いたします。
年間10論文の場合76万円(税抜)となりますが次年度以降は16万円(税抜)となります。
また、編集委員に変更がなければ、2誌以上の使用も可能。
学会で複数誌発行している場合よりコストパフォーマンスが高くご利用いただけます。

よくある質問

Q:デモサイトはありますか?
A:ございます。デモサイトのご利用をご希望の場合には、お問い合わせよりデモサイト閲覧希望とお書きください。

Q:本運用を開始した後でも、設定変更はできますか?
A:常時カスタマイズが可能です。追加の費用は発生いたしません。

Q:稼働率はどのくらいですか?
A:システムの稼働率は、99.9%以上(計画的なメンテナンス停止時間を除く)です。
計画的なメンテナンス停止は1~2年に1度、1回4時間程度です。

Q:1つのサイトで複数誌運用することはできますか?
A:基本的には、1サイトにつき1ジャーナルの想定ですが、審査フローが同じであれば複数誌の運用も可能です。
ただし、編集委員や査読者はサイトごとに分けることができないため、検索を工夫していただくなど運用面での対応が必要になる場合もございます。ご検討の場合は、お問い合わせください。

新規お取引学会様、急増中 取引学会数400超えの「SOUBUN.COM」 アカウント数450突破
  • 日本哲学会

    日本哲学会

  • 日本心理学会

    日本心理学会

  • 日本経済学会

    日本経済学会

  • 日本数学会

    日本数学会

  • 土木学会

    土木学会

  • 日本金属学会

    日本金属学会

  • 日本化学会

    日本化学会

  • 日本生態学会

    日本生態学会

  • 日本解剖学会

    日本解剖学会

  • 日本助産学会

    日本助産学会

  • 日本食品科学工学会

    日本食品科学工学会

  • 大日本山林会

    大日本山林会

  • 日本畜産学会

    日本畜産学会

  • 日本マリンエンジニアリング学会

    日本マリンエンジニアリング学会

  • 日本地震学会

    日本地震学会

お問い合わせ
イメージ画像 イメージ画像
学会支援80年、SOUBUN.COMにお任せください。
学会運営に精通したスタッフが対応
お問い合わせにもすぐにご回答致します。
無料問い合わせ
無料問い合わせ