SOUBUN.COMの学会支援サービス

PMC(旧PubMed Central)申請代行サービス

  • PMC代行承ります
  • より多くの人に論文を読んでもらう機会を作りませんか?
  • 論文のことならお任せください

詳しく解説!PMC(旧PubMed Central)申請代行サービス
ジャーナルに掲載された論文を、より多くの世界中の人々に公開し、また引用されるためには、掲載論文をデジタル対応させることが必要です。
デジタル化が急激に加速化する昨今。論文を各種データベースに収載することの重要性は、時代の移り変わりと共に多く求められてゆくでしょう。今回は、PMC(旧PubMed Central)申請代行サービスについて、必要な条件と、掲載までのスケジュールと費用について掲載します。
PMCとは何か?解説します!
より多くの人に論文を読んでもらう機会を作りませんか?
サービス概要

PMCとは? 

「PMC」は、米国の国立医学図書館(NLM)にある、生物医学および生命科学分野のジャーナルのオンライン論文アーカイブです。

NLMの1部門であるアメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)が、膨大な論文などの文献をフルテキストの1次情報データベースとして管理・運用し、インターネット上でオープンアクセスにしているもので、NLMの保管する印刷物ジャーナルのデジタル版としても機能しています。

1999年3月、ノーベル賞受賞者でもある当時の所長ハロルド・ヴァーマス氏が、生物医学分野の論文や収録などの研究成果を無料で閲覧できるオンラインサービスを提案したことで、PMCの前身「PubMed Central(パブメド・セントラル)」が創設されました。
翌2000年2月にサービスがスタートし、2020年8月現在、検索できる記事数は630万以上に上ります。PMCは全文をXML形式で公開し、またPubMedの検索機能ともリンクしています。

 

PMCに収載されるメリット

PMCに掲載されることへのメリットは大きく5つあります。

・PMC に掲載されることによって、ジャーナルがMedlineに収載されていなくてもPubMed検索で論文がヒットする。

・審査が Medline に比べて難しくなく、かつ掲載までの期間が短い。

・PMCに掲載された論文の全てが掲載される。

・PMC側への利用料金などが発生せず、委託業者への申請代行サービス・データ作成・アップロードのみで公開することができる。

・学会の論文を掲載する公開プラットフォームが増えることにより検索数が増す。

米国国立図書館が運営するジャーナル&文献データベースMedlineは、厳しい審査があり掲載されることは非常に難しいとされています。

しかし PMCに掲載されることにより、PubMed検索で論文がヒットするようになるため、これらのことは論文執筆者・所属団体ともに、非常に大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

申請のプロセス

ここでは申請方法の流れについてご紹介していきます。

下記の条件を満たすことで PMC に申請する第1段階がクリアできます。

・生命科学の分野のジャーナルおよび掲載論文であること

・創刊から2年以上が経過されたジャーナルであること

・公開された論文数が256分以上であること

・ ISSNを取得していること

・英文誌であること

・ジャーナルが英文のまま公開されていること

 

また、申請をする際には下記の情報を求められます。

 

ジャーナルタイトルとISSN

・ジャーナルの創刊日

・年間発行回数

・英文ジャーナルサイト記載情報

・ジャーナルのマネジメント責任者に関する情報

・ジャーナル出版方針(目的と方針) 

もちろんやり取りは全て英語で行われます。

審査は専任のコンサルタントによって評価され、合格の基準は、ジャーナルの質や掲載内容などの要素が PMCにとって貢献し、メリットをもたらすかといった項目が基準となります。

残念ながら、評価審査を通過できなかった場合は2年後に再申請が可能となるため、業務委託を視野に入れて中長期的に取り組むことをお勧めします。

 

技術審査

次にデータ更新に必要な技術を審査します。

・具体的には、PMCにサンプルデータを提出

・ファイル準備や送信等のスキルについての審査

・25ファイルの異なる論文の種類等のサンプルを提出

これらの審査を全てクリアし、ようやくPMCとの著作権や公開方法、時期などについて契約を結びます。

契約後は実際にジャーナルの発行に合わせてデータをアップロードし、論文を公開します。
XML形式による全文情報を公開するため作業時間も多くかかってくるでしょう。

申請から公開までの主なタイムスケジュール

ご相談いただいてから実際にPMCに掲載されるまでスムーズにいっても半年程度かかると見込んでいただきます。

まず申請に必要条件のクリア、申請時に必要なジャーナル情報の収集、これらを揃えた状態でジャーナルの審査には約3ヶ月、技術審査に1ヶ月〜2ヶ月、契約と手続きに約1ヶ月を必要とします。

 PMCに掲載したい希望月などがある場合は逆算し、半年以上の猶予を持った上で計画を立てることをお勧めします。

費用について

費用の項目は大きく3つに分かれます。 

申請作業代行費用

申請に関するPMCとの連絡業務や契約締結の作業費用となります。
費用感の目安は1回につき35万円ほどです。

技術審査代行費用

技術審査のためのサンプルデータ作成及びデータアップロード費となります。
こちらは論文数表示処理・準備日アップロード・通信費・バナー作成費などが含まれます。
フルテキストデータをXML形式で作成するため1論文当たり20000円から25000円となり、25論文を掲載する場合は60万円弱ほどかかります。

審査通過後のデータ作成及びデータアップロード費用

こちらは実際に掲載された論文数および論文を掲載するに伴い平処理やアップロード通信にかかる費用がかかわってきます。
1論文20000円から25000円、隣表などの処理に関しては1論文2200円からとなっています。

 

 

PMCの申請と掲載の委託

SOUBUN.COMでは、XML変換とともにPMCへの申請代行サービスも行っています。
申請時のサンプル作りだけでなく、契約後も継続して論文データのXML変換は必要になるため、専門知識や経験の豊富な業者を活用するのもひとつの方法です。

 

PMCへの掲載は、論文執筆者のメリットになるだけでなく、ジャーナルとしての信頼度が上がり、論文投稿数の増加も見込めるため、発行元にとっても大きなメリットとなります。
ネイティブとの英語のやりとりやXMLファイル作成などのハードルは高いですが、代行サービスの利用も視野に入れ、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

新規お取引学会様、急増中 取引学会数400超えの「SOUBUN.COM」 アカウント数450突破
  • 日本哲学会

    日本哲学会

  • 日本心理学会

    日本心理学会

  • 日本経済学会

    日本経済学会

  • 日本数学会

    日本数学会

  • 土木学会

    土木学会

  • 日本金属学会

    日本金属学会

  • 日本化学会

    日本化学会

  • 日本生態学会

    日本生態学会

  • 日本解剖学会

    日本解剖学会

  • 日本助産学会

    日本助産学会

  • 日本食品科学工学会

    日本食品科学工学会

  • 大日本山林会

    大日本山林会

  • 日本畜産学会

    日本畜産学会

  • 日本マリンエンジニアリング学会

    日本マリンエンジニアリング学会

  • 日本地震学会

    日本地震学会

お問い合わせ
イメージ画像 イメージ画像
学会支援80年、SOUBUN.COMにお任せください。
学会運営に精通したスタッフが対応
お問い合わせにもすぐにご回答致します。
無料問い合わせ
無料問い合わせ