「学術誌・学会誌・紀要・商業誌・論文誌・論文」それぞれの意味と違い

「学術誌・学会誌・紀要・商業誌・論文誌・論文」の意味についてまとめています。それぞれの特徴やどのような違いがあるかを説明しています。

学術誌(学術雑誌)・学会誌(学会雑誌)・紀要・商業誌・論文誌・論文の意味

学術誌(学術雑誌)とは、研究者の研究をまとめた論文が掲載された刊行物です。まずはそれぞれについてご説明します。

学術誌(学術雑誌)とは

学術誌(学術雑誌)は、研究者の研究成果をまとめた論文が掲載された刊行物です。基本的に論文は投稿規程に基づいた形で投稿され、表題、著者名、所属機関を明記しなければなりません。
学術誌は主に学術団体や大学等が発刊し、主に大学図書館で見ることができます。非売品の場合が多く部数も少ないため、一般の書店に流通することはまずありません。

学会誌(学会雑誌)とは

学会誌(学会雑誌)とは、学会等が発行する、研究論文が掲載された刊行物のことです。学会に関するイベント等の情報も載り、基本的に会員にしか配布されませんが、最近はWEBで公開され会員以外の方でも閲覧できる雑誌が増えています。投稿された論文は専門家による査読・審査が行われ、その研究が学会誌に掲載できる水準にあれば掲載される、修正を指摘され掲載までに何年もかかる場合もあります。

紀要とは

紀要とは、大学や研究機関などが出している、教員や研究員の研究内容が書かれた論文が掲載された定期刊行物です。査読を行わないため、論文を投稿してから短い期間で掲載される場合が多いです。

商業誌とは

商業誌は、学術誌のなかでも出版社が発行するものを指します。主に営利目的で作られるため、一般の読者向けに、目を奪うタイトルや興味を惹く内容になっており、購読料は比較的高く設定されています。

論文誌とは

論文誌とは、研究者の研究活動が書かれた論文を発表することを目的とした論集で、学会等が発行しています。学会誌は基本的に会員への情報提供という主旨で作られていますが、論文誌は研究者の研究成果発表の場としての意味合いが強いです。

論文とは

論文とは、学問上の問題について主張や証明を行う文章のことです。問題解決のためのアプローチとその有効性などについて記述されています。研究活動の成果についての論文のほかに、一定の分野の問題点や解決・未解決の点などを明らかにする調査論文などもあります。

学術誌(学術雑誌)・学会誌(学会雑誌)・紀要・商業誌・論文誌・論文の違い

学術誌(学術雑誌)には「学会誌(学会雑誌)・紀要・商業誌・論文誌」などの種類があります。そして論文は、これらの出版物に載っている、研究結果などをまとめた文章です。
学会誌は、商業誌とは発行者が、紀要とは文書のチェック体制が、論文誌とは目的において、他の出版物と比べ大きく違います。

一口に学術誌といっても、学会誌(学会雑誌)・紀要・商業誌・論文誌などよく似たものがあります。それぞれの違いを知って間違えて使わないよう気をつけましょう。

SOUBUN.COM(創文印刷)の学会誌印刷サポートはコチラ>>

学会誌印刷

学会誌印刷の記事をもっと見る

全国対応可能!学術大会運営サポート 100名~1万名規模まで幅広く対応可能
学会専門会社だからできる 学会運営がラクになる 学会HP制作
ネット印刷には真似できない充実のサポート 学会誌・学術誌 印刷サポート
学会事務局運営代行 煩雑な業務を代行して、時間もコストも削減
お問い合わせ