学会誌印刷の費用の基本

学術誌作りにおいて、見積もりはとても重要となります。特に学会誌の制作は受注生産となりますので、それぞれの項目の単価を知ることが大切です。
しかし、印刷の見積もりは専門用語も多く、それぞれの会社によって呼び名が異なることもあります。
ここでは、そんなわかりづらい印刷費用の積算方法の概要をご紹介します。

学会誌印刷の流れ

印刷費用を読み解くには、まずどのような作業を行っているかを知る必要があります。印刷費用は、それらの作業ひとつひとつに対し積算がなされているからです。

まず、印刷を行う際に、論文データを印刷会社へ渡し、そのデータのままに印刷を行う(依頼する)場合があります。この場合でも、その会社の設備に対しデータを変換するため、基本料や加工料が設定されることがあります。

 

次に組版から請け負う(依頼する)際の一般的な流れは以下となります。

1.(営業窓口による)仕様調整(レイアウトや用紙の選定、制作スケジュールなど)
2.原稿入稿、編集(原稿整理(制作指示)
3.組版
4.校正往来、修正、校了までの進行管理
5.印刷用データの作成
6.用紙の発注
7.刷版の作成
8.印刷
9.PP貼り、ミシンなどの加工
10.製本
11.梱包・発送

 

工程ごとに分けた流れとなり、それぞれ専門のスタッフが対応していきます。

印刷以外の積算方法

印刷の積算は、印刷の流れに沿って勘定していきます。具体的には、以下のようになります。

1は調整内容に応じて、計算を行います。営業経費などと示されることが多くあります。

2と3は、ページ数に対し、計算を行います。また組版の難易度に応じて単価が変動します。

4は記事の本数に応じて、計算を行います。校正回数によって単価が変動します。

5は、雑誌全体の一括変換ですが、ページ数によって変動する場合があります。

6、7、8は後述します。

9は表紙にフィルム加工を施す場合や、本文ページに切り取り線(ミシン目)を施す際のオプションとなります。加工しない場合は不要となります。

10は製本代となります。主には、本文のページ数によって単価が変動し、部数が多いほど割安になります。また製本の種類、上製本であるか並製本であるか、中綴じ製本であるかによっても単価が変動します。

11は、個別発送であれば封入作業は部数に応じ、また発送費は実費となります。全部数の1箇所納品や2拠点納品の場合は、梱包代と配送代が計上されます。

学会誌印刷の積算方法

6、7、8の積算方法についてとなりますが、オンデマンド印刷とオフセット印刷で積算方法が異なります。

まず、オンデマンド印刷についてですが、オンデマンド印刷で印刷できる用紙サイズが最大でA3判となり、仕上がりがA4判の場合、両面を印刷することで4ページの印刷が可能となります。
印刷単価は1枚の印刷に対して設定されます。つまり、16ページの本文であれば、4枚のA3判用紙が必要となり、その両面に4頁分の印刷をするといったことになります。たとえば、片面の印刷単価が10円の場合、16頁の本は、オンデマンド印刷で印刷すると、4枚×両面(10円×2面)となり、1冊あたりの印刷単価が80円となります。
そして1冊の単価に必要部数をかけたものが、合計の印刷料金となります。また、オンデマンド印刷の場合は用紙代金を含む単価となっている場合が多くあります。

次にオフセット印刷になりますが、まずオフセット印刷機には、A1判の用紙に印刷ができます。A1判というのは、A4判換算で片面8頁、つまり裏表で16頁の印刷が可能となる大きさです。またオフセットには刷版と呼ばれるハンコのようなものが必要となり、オンデマンド印刷にはない費用が加算されます。
印刷費用についても、オンデマンド印刷のように1枚いくら、ではなく500枚までいくら、1,000枚までいくら、といった計算方法になります。例えば、16頁をオフセット印刷で印刷する場合、A1判の刷版が3,500円とすると、表裏の2版の刷版が必要となり7,000円。印刷費用についても考え方は同様で片面500枚までで4,500円とすると、表裏で9,000円となります。合算して16頁を500部するのに16,000円となります。
必要部数が500部であれば、1冊の単価は32円(用紙代除く。1頁1円で勘定しても、合わせて48円/1冊)となりますが、必要部数が10部の場合は、1冊の単価は1,600円になってしまいます(用紙代除く。1頁1円で勘定しても、合わせて1,616円/1冊)。
必要部数、頁数に応じて印刷方法、費用が変わりますので、最適な方法を検討する必要があります。

最後に用紙についてですが、わかりやすく1頁での単価を設定している企業もありますが、一般的には、A1判のサイズで計上し、算出することがほとんどとなります。つまり、16頁を印刷するのに必要な用紙は(A1判)1枚という計算になります。

学術誌のことならSOUBUN.COM

ことばだけでの説明では、なかなか伝わりにくいことが多々あるかと思います。SOUBUN.COMでは、80年の歴史が支えるノウハウが詰まっています。わからないことは、営業担当がしっかりとご説明いたします。

SOUBUN.COMは、学術誌を専門に培ってきました。学会のことでお困りのことがありましたら、ぜひお気軽にSOUBUN.COMまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから>>

 

学会誌印刷

学会誌印刷の記事をもっと見る

学会運営ジャーナルTOPへ

全国対応可能!学術大会運営サポート 100名~1万名規模まで幅広く対応可能
学会専門会社だからできる 学会運営がラクになる 学会HP制作
ネット印刷には真似できない充実のサポート 学会誌・学術誌 印刷サポート
学会事務局運営代行 煩雑な業務を代行して、時間もコストも削減
お問い合わせ
学会運営相談 無料相談はコチラ
学会総合サポート企業国内No1
“とりあえず概算見積もりだけ”
“専門スタッフにいろいろ相談したい”