論文の探し方とは?実際の検索方法についても紹介

論文を書くにあたり、先行研究としてほかの論文を参考にすることは欠かせません。ここでは、論文検索に役立つ3つの方法を紹介します。

論文の探し方

知りたい内容について書かれた論文が、見つからないということも少なくありません。
目的の論文を探し閲覧する方法は、主に3つあります。

文献データベースサイトで論文を探して閲覧する

インターネット上には、「J-STAGE」や「CiNii(サイニィ)」などの文献データベースサイトがあり、これらを使用することで閲覧ができます。

「J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)」は、「国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)」 が運営しているデータベースサイトです。日本の「学協会」が出版した論文をほぼ無料で閲覧できます。

「CiNii(NII学術情報ナビゲータ)」は、「国立情報学研究所」が運営しているデータベースサイトです。論文に特化した「CiNii Articles」では、学協会刊行物などを検索し、一部本文を閲覧することが可能です。

図書館の蔵書検索で論文を探して閲覧する

一般の図書館や大学の図書館、国立国会図書館などの蔵書検索でも、論文を探すことができます。近年は多くの図書館がそれぞれサイトを持っているので、オンライン上で蔵書検索が可能です。

一般の検索エンジンで論文を探して閲覧する

Googleなどよく使う検索エンジンを利用して探してみるのもよいでしょう。Googleは、「Google Scholar」という学術系に特化した検索サービスを持っており、検索結果の中には無料で本文を閲覧できるものもあります。

論文の検索方法

ここでは、上記で紹介した3つの探し方における論文の検索方法をご紹介します。

文献データベースサイトでの検索方法

「J-STAGE」のサイトにアクセスし、論文を検索しましょう。トップの検索コマンドに興味のあるキーワードを打ち込み、詳細検索をクリックすると言語や発行年、分野など細かい指定ができます。

図書館の蔵書の検索方法

「国立国会図書館オンライン」というサイトから、トップの検索コマンドにキーワードを入力することで国立国会図書館の蔵書検索ができます。また「リサーチ・ナビ」というテーマ別データベースから検索する方法もあります。

一般の検索エンジンでの検索方法

Googleでは、一般的な検索方法により論文を探すことができます。同様に、学術用途の検索に特化した「Google Scholar」のメニューから検索オプションをクリックすると、著者や出典、日付を絞り込むことが可能です。

これらの検索サイトを活用し、調べたい内容の論文を見つけましょう。

SOUBUN.COM(創文印刷)の論文印刷サポートはコチラ>>

学会誌印刷

学会誌印刷の記事をもっと見る

学会運営ジャーナルTOPへ

全国対応可能!学術大会運営サポート 100名~1万名規模まで幅広く対応可能
学会専門会社だからできる 学会運営がラクになる 学会HP制作
ネット印刷には真似できない充実のサポート 学会誌・学術誌 印刷サポート
学会事務局運営代行 煩雑な業務を代行して、時間もコストも削減
お問い合わせ