論文の要旨(アブストラクト)を作成するポイントとは

論文を読む際、まずタイトルをみて、次に要旨(abstract)を読みます。
多くの読者はそうして、自身が探していた論文であるのか判断します。
多くの人に論文を読んでもらうためには、アブストラクトの内容が重要になります。
この記事では、アブストラクトについて紹介し、皆さんのアブストラクトに関する疑問を解決いたします。

要旨とはなにか

要旨とはどのようなものでしょうか。
例えばJ-Stageなどでも、要旨(アブストラクト)は、タイトルと要旨のみが本文とは別に、検索結果として表示され、題名とならび論文の顔ともいえる部分になります。
要旨をみて、求めていたものがないとなれば、検索者は読むことをやめてしまうことになります。
そのため、アブストラクトでは、単なるまとめにはならない、その論文で最も重要、伝えたい内容を簡潔かつ端的に書くことが重要となります。
つまり、要旨を読めばその論文に何が書いてあるのかがわかる内容となります。

SummaryやIntroductionとの違い

要旨は、英語でabstractと訳されますが、同じようなものに、Summary(サマリー)やIntroduction(イントロダクション)があります。
いずれも論文の冒頭に掲載されることがあり、掲載される学術雑誌によっての表現の差異のようにもみえ、それらの違いに迷うこともあるかと思いますが、それらの違いはどのようなものでしょうか。

Introductionは、日本語でいえば序章、つまり本文への導入箇所となります。
ですので、研究のきっかけや動機であったり、その研究で明らかにしたい問題、その仮説や背景について記載し、また、それと同時に、その対象とした分野における従来の研究を紹介しつつ、自身の論文のオリジナリティなどについても記載していきます。
データの詳細などは、本文で触れるものとなりますが、その要点は示しておくのもよいでしょう。
またさらに、場合によっては、参考文献なども記載しておくと、読者の理解に役立つことがあります。
このような内容となるため、イントロダクションは、論文全体の完成後に、全体を改めて客観視し、俯瞰して考えをまとめ、自身の中でより整理を行い、イントロダクションに反映させながら、書き上げるのがよいでしょう。

Summaryは、日本語でいえば「まとめ」「概要」「要約」となります。
学会誌によっては、抄録の対訳がSummaryの場合もあります。
サマリーは、論文の内容を短くまとめたものであり、英語表現においても終了した会議の内容のまとめの意味で使われることが多くあります。
つまり、アブストラクトとよく似ていますが、論文内容を確認するように論文の最後にまとめたものを指すことが一般的なサマリーとなります。

論文の要約を作成するポイント

最後に要旨作成のポイントについてご紹介します。
まず、要旨の長さについてとなりますが、掲載される雑誌で明確に規定されていることもありますが、200から400文字程度にまとめるのが適当となります。
また形式としては、構造化要旨(Structured abstracts)と、非構造化要旨(Unstructured abstracts)の2つがありますが、こちらも雑誌の規定により、記載すべき項目が定められていることがあります。

構造化要旨の項目例としては、【背景】【目的】【方法】【結果】【考察】【結論】などがあります。
このように構造化することにより、より明確に読者へ内容を明示することができ、その論文になにが記載されているのか、わかりやすく確認できる利点があります。
そのため本文への導入にも繋がります。非構造化要旨の場合でも、項目に分けて記載はしませんが、ひとつの文章のかたまりの中で、それらを記載していく必要があります。
形式がないため、自由度があがりますが、文章力が必要になり、また冗長的にならないように配慮する必要があります。

今回は、Abstract の他、Summary や Introduction との違いについてもご紹介いたしましたが、各学会毎に投稿規定により、論文投稿にあたっての必要事項が記載されています。論文の起稿にあたっては、投稿する学会誌の規定を必ず確認し、それに則り、書き上げるようにしてください。

 

SOUBUN.COMでは、数多くの学会誌制作の実績に基づき、投稿規定に則った論文となっているか、なども校正も行っています。

論文の組版、雑誌制作は、ぜひSOUBUN.COMにお任せください。

お問い合わせはこちらから>>

用語

用語の記事をもっと見る

学会運営ジャーナルTOPへ

全国対応可能!学術大会運営サポート 100名~1万名規模まで幅広く対応可能
学会専門会社だからできる 学会運営がラクになる 学会HP制作
ネット印刷には真似できない充実のサポート 学会誌・学術誌 印刷サポート
学会事務局運営代行 煩雑な業務を代行して、時間もコストも削減
お問い合わせ
学会運営相談 無料相談はコチラ
学会総合サポート企業国内No1
“とりあえず概算見積もりだけ”
“専門スタッフにいろいろ相談したい”