学術データベース「Web of Science」とは?インパクトファクターとの関係も解説

論文を検索する際にアクセスするデータベースサイトは「CiNii」や「PubMed」、他にも「J-Stage」や「医中誌Web」などが有名です。この記事では、情報の信頼性が高く、様々な機関が学術統計情報にも利用され世界的に権威と影響力があると言われる、オンライン学術データベース「Web of Science」の概要について、詳細にご紹介いたします。

web of scienceとは?

Web of Scienceは、クラリベイト・アナリティクス(旧:トムソン・ロイター)が提供する世界最大級のオンライン学術データベースです。250を超える化学、自然科学、社会科学、芸術、そして人文学の領域において世界中で公刊された 21,000 誌を超える学術ジャーナルが収録されています。また、ジャーナルインパクトファクター付与誌は100%収録しています。

信頼できる学術誌が厳選して収録され、世界7,300以上の研究機関で利用されており、政策決定や大学ランキングにも採用されています。また、ジャーナルの分析データも充実しています。「Web of Science」の学術文献引用データベースを元に、その論文がどの程度引用されたかによってノーベル賞有力候補者の予想を立てるのにも利用され、インパクトファクターもWeb of Scienceに収録されたデータを元に算出されています。

 

データの価値・信頼性の高さ

ジャーナルの品質24基準と影響度の4基準の合計28の基準を用いて、出版社や研究機関とのつながりを持たない熟練の社内編集者が、多岐にわたる分野から客観的に厳選するとったプロセスにより、キュレーションが行われ、適切な情報が収録されるようになっています。余分な情報を削ぎ落とし、客観的な評価プロセスで選別した評価の高いジャーナルのみを収録しているため、価値の高い論文が収録されています。また、論文の関連情報や著者データが豊富で、分野や言語はもちろん、国や地域、所属機関、発行年など、様々な観点からも論文を検索可能となっています。情報の信頼性が高いため、様々な機関の学術統計情報にも利用され、例えば、国別・年度別の論文発表者数の推移や、被引用の論文ランキングなどの統計のほとんどが Web of Science のデータを基にしています。

 

cover to coverの索引化

クラリベイト・アナリティクスは、「Web of Science を選ぶ理由」に、cover to coverの索引化を挙げています。収録されているジャーナルはcover to coverで、つまり全編通して各論文が索引化されています。すべての引用文献(citation)が索引化されるのはもちろん、論文の著者、著者の所属、また論文の抄録、キーワード、加えて記載がある場合には資金提供の謝辞なども記録されています。つまり、全ての論文の引用・被引用情報が登録・索引づけされてあり、引用件数の多い論文や、関連性の高い論文を調べることが可能となっています。

インパクトファクターを考案したアメリカの学者ユージン・ガーフィールドは、どの分野でも、引用は特定の文献に集中することや、学問分野は相互に密接に関連している、といった法則を唱えています。つまり、引用件数の多い論文は重要性が高く、専門領域以外でも利用されている可能性が高いと言えます。Web of Scienceでは各分野の重要性が高い雑誌を集めて引用することで、研究分野を超えた効率的な文献検索が可能となっています。

 

 

卒業・退職後に学術データベースを利用したい場合

多くの主要なオンライン学術データベースは学校などの所属団体が学内向けに有料で契約している場合が多く、卒業・退職後に学外から個人で利用しようと思うと契約の手間や料金がかかることがあります。

卒業・退職後にこのようなデータベースを使用したい場合は、Google Scholar国立国会図書館検索(国立国会図書館オンライン)など無料のサービスを利用するのも良いでしょう。

 

 

 

今回はWeb of Science をご紹介いたしました。Web of Science は、多彩な情報の検索・分析機能が搭載されていて、検索結果やジャーナルの分析はもちろん、引用マップの作成など、様々なかたちでデータを利用することができます。クラリベイト・アナリティクスはWeb of Science 以外にこれほど深く完全なリソースインデックスはないとしています。

 

SOUBUN.COMには、学術雑誌の制作における豊富な知識、多くのノウハウがあります。学会誌のことでわからないことがありましたら、ぜひお気軽にSOUBUN.COMまでお問い合わせください。

 

用語

用語の記事をもっと見る

学会運営ジャーナルTOPへ

全国対応可能!学術大会運営サポート 100名~1万名規模まで幅広く対応可能
学会専門会社だからできる 学会運営がラクになる 学会HP制作
ネット印刷には真似できない充実のサポート 学会誌・学術誌 印刷サポート
学会事務局運営代行 煩雑な業務を代行して、時間もコストも削減
お問い合わせ
学会運営相談 無料相談はコチラ