学会誌の書き方(論文・参考文献・編集後記など)

学会誌は研究者が研究内容を発表する場所であり、研究分野・学会誌ごとに書き方も異なります。
また、学会誌は学会運営における情報発信にも使用されるます。
この記事では、学術誌に掲載される、論文・参考文献・編集後記など、書き方のルールについて解説します。

学会が発行する学術誌(学会誌)の論文の書き方

学術誌(学会誌)の論文は、研究の分野により書き方も異なります。原稿の書き方から、単位、記号、数値、数式、引用文献など、その他多くのルールがあります。論文はルールに従って書かなければなりません。
例えば、「美術史向けの学会誌」では、はじめて人物名を書くときの一般的ルールとして、人名の後には生没年を必ず付けることになっています。
論文に関する詳細な規定は学会誌ごとの「投稿規定」に掲載されていますので、まずは投稿規定を確認するようにしましょう。
汎用的な論文の書き方は下記の記事で詳しく記載しています。

【目次・要旨・考察など】論文の書き方とは?ポイント解説 >>

学術誌(学会誌)の見出しの書き方

読者が論文を読む際「見出し」に目を通すだけで、その論文に書かれている概要をつかみやすくするための見出しでなければなりません。
例えば、一般社団法人プロジェクトマネジメント学会誌執筆マニュアルには、「各章の見出しには通し番号を付け、半角数字に全角のピリオドを付した直後に見出しを記述すること、また見出しが記述された行の前後に1行の空行を置くこと」の指示があります。

参考文献の書き方・文献記載例・巻号記載例

学会誌の参考文献の書き方は、引用したものや参考文献、また日本語や外国語からの引用によって書き方が多少異なります。
学術誌の論文の場合は、著者名(出版年)、論文名、雑誌名、 巻、 号、 ページ(始ページから終ページ)の順番に記載し、本の場合は、著者名(出版年)、書名、発行所と記載します。
例えば、日本物理学会は、 参考文献に標題を入れる場合、出典の書誌的事項の後にダッシュ(̶)を入れ、そのあとに標題を記載するルールを設けています。
これらの引用方法の具体例は下記の記事をご参照ください。

学会誌や学術誌の「引用・転載」について >>

学会が発行する学術誌(学会誌)の編集後記の書き方

学会誌の「編集後記」は、編集委員長・編集幹事・編集委員会が記す「後書き」のことです。取材や編集時のエピソードや論文を書いた感想などが書かれています。
また論文を読んだ読者への感謝が綴られることもあり、ここに関してのルールなどは存在しません。

学術誌(学会誌)の訂正記事に関するお詫びの書き方

学術誌の論文に誤りがあった場合、「訂正記事」を掲載する必要があります。丁重に謝罪をし、間違いを訂正するエラータ(正誤表)を載せることもあります。
論文のミスに関しては明確な訂正ルールがありますので、論文のミスに関しての詳細は下記の記事をご参照ください。

論文の誤字・誤植などのミスは訂正できる?訂正方法を解説 >>

論文の参考文献や編集後記などの書き方は、色々な研究分野がある中、書き方のルールはさまざまです。各学会の投稿規定を守り、論文は決められたルールに従って書きましょう。

 

創業から80年以上、SOUBUN.COMは学術誌印刷の専門企業として、学会誌の編集業務から印刷まで、一貫して自社で支援を実施してまいりました。学会誌の編集・印刷はぜひ専門会社の弊社にお任せください。

 

SOUBUN.COMの学会誌発行サポートはこちら >>

学会誌印刷

学会誌印刷の記事をもっと見る

学会運営ジャーナルTOPへ

全国対応可能!学術大会運営サポート 100名~1万名規模まで幅広く対応可能
学会専門会社だからできる 学会運営がラクになる 学会HP制作
ネット印刷には真似できない充実のサポート 学会誌・学術誌 印刷サポート
学会事務局運営代行 煩雑な業務を代行して、時間もコストも削減
お問い合わせ
学会運営相談 無料相談はコチラ
学会総合サポート企業国内No1
“とりあえず概算見積もりだけ”
“専門スタッフにいろいろ相談したい”